MENU
RPG

「エバーテイル」をプレイした感想・評価

エバーテイル

© ZigZaGame Inc.

どうも!JRPGが大好きな古き良き「どせいくん」(@zyamirasu)です。

今回はジグザゲームの「エバーテイル」をプレイしました。

日本の企業である「ジグザゲーム」が開発・運営している累計DL数1000万超えの人気ゲームアプリです。

このゲームを一言で表現すると「スマホで遊べる本格RPG」

古き良きJRPGのターン制コマンドバトルをベースに、タイムユニット、チームスピリットといったこのゲームならではのシステムを採用していて、戦略性の高いバトルがおもしろかったです!

スマホアプリとは思えないくらいストーリーがしっかり作り込まれいてる点も驚きでした!

このゲームをプレイした評価は☆4.0です!!!

ゲーム性
ストーリー
演出
ボリューム
親切さ
完成度(ゲームバランス、バグ)

ちなみに、僕は現在配信されているストーリーをすべてクリア済みです。

ストーリークリア

詳しい感想は以下にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

なお、ネタバレには最大限注意してありますが、記事の特性上、多少のネタバレを含んでいる可能性があるので注意してください!

良かった点 悪かった点
  • ソシャゲとは思えないほどストーリーが作り込まれてる
  • バトルの戦略の幅が広い
  • 無課金でも十分楽しめる
  • 必要スペックが低くてサクサク動く
  • モンスターを捕まえる機会がほぼない
  • オンラインストーリーからフィールドがなくなる
  • オンラインストーリーからガッツリとプレイできなくなる
  • SSRのキャラが出にくい
エバーテイル

エバーテイル

ZigZaGame Inc.無料posted withアプリーチ

本記事には広告が含まれます。

「エバーテイル」の基本情報

エバーテイルの基本情報

「エバーテイル」の基本情報が以下です。

対応機種 iOS、Android
発売日 2019年3月23日
ジャンル RPG
価格 無料(アプリ内課金あり)
販売 ZigZaGame Inc.
開発 ZigZaGame Inc.
ゲームのあらすじ

100年に1度の間隔でエルデの地に降り注ぐ災厄「劫魔節(ごうませつ)」。

前回の劫魔節からわずか18年後の西方暦2218年、エルデの地は再び劫魔節に見舞われるのであった。

凶暴化したモンスターの大群に襲われるウェスカテ村。

村から命からがら逃れてきた「リゼット」とその弟「ティオ」はモンスターに追われ危機的な状況にあった。

偶然近くに居合わせた主人公の「フィン」は、モンスターの鳴き声と2人の足音を聞いて急いで駆けつけ、2人を救出する。

自身が住むロッセ村へと2人を連れ戻るフィンであったが、そこにはモンスターに襲われ変わり果てた姿が広がっていた。

途方に暮れるフィンであったが、そこに1人の女性の姿が目に入る。

赤竜騎士団の隊長「リュドミラ」である。

たったいまモンスターの掃討作戦を完了したところで、村人全員がすでに避難していて無事であるようだ。

安心したフィンであったが、そこにウェスカテ村とロッセ村を襲ったモンスターたちを指揮していた張本人である「ミボーネ」が現れる。

劫魔将の前になす術のない一行。

まさに絶体絶命の状況であったが、突如フィンに「赤の紋章」が発現し、紋章の力に押されたミボーネは撤退を余儀なくされる。

自分に現れた力に戸惑うフィンであったが、リュドミラから、赤の紋章こそが劫魔節を終わらせるための唯一の力であることを聞く。

迷いつつも劫魔節と戦う自身の運命を受け入れたフィンはリュドミラ率いる赤竜騎士団「対劫魔独立部隊」に加わり、劫魔節を終わらせるための旅に出るのであった。

エバーテイル

エバーテイル

ZigZaGame Inc.無料posted withアプリーチ

「エバーテイル」はどんなゲーム?

エバーテイルはどんなゲーム?

「エバーテイル」の特徴が以下です。

JRPGをベースとしたソシャゲ

エバーテイルはJRPGをベースとしたソシャゲ。

プレイモードには、大きく分類して、

  1. ストーリー
  2. イベント
  3. 騎士団

の3つがあります。

「ストーリー」と「イベント」は編成したパーティを使って物語を進めていくモードです。

一方、「騎士団」はソシャゲ要素で、プレイヤーと協力してボスを倒したり、プレイヤー同士で戦ったりするモードです。

それぞれ詳しく解説します。

ストーリー

ストーリーは「フィン」を主人公とした本格的なRPGが遊べるモードです。

ストーリー

ストーリーには、

  • オフラインストーリー(第1幕まで)
  • オンラインストーリー(第2幕以降)

の2種類があります。

オンラインストーリーとオフラインストーリー

オンラインストーリーはオフラインストーリーの続きの物語で、オフラインストーリーをクリアすることで解放されます。

「オンラインストーリー」はその名前からして、他のプレイヤーと一緒に冒険するMMORPGのようなものを連想してしまいますが、どちらもシングルプレイのRPGです。

ただ、オフラインストーリーとは違って、

  • フィールドがなくなって、マス目を移動する
  • モンスターが捕まえられなくなる
  • ストーリーを進めるのにマナを消費するようになる

といったシステム面の違いがあります。

オンラインストーリー

ストーリーや敵とのバトルを楽しめるという点はオフラインストーリーもオンラインストーリーもどちらも同じです。

バトル

今も順次、新しいストーリーが配信されていて、現在は第11幕までが配信されています。

エバーテイルを始めたてのひとは、このストーリーがメインになります。

イベント

イベントは期間限定のサブストーリーが楽しめるモードです。

イベント

ストーリーで登場するキャラが登場して、スピンオフ的な物語が進んでいきます。

イベントの流れとしては、会話イベントとバトルを交互で進めていく感じ。

イベントの流れ

バトルに勝つとイベント用のトークンがもらえて、アイテムと交換することができます。

イベント用トークン

交換できるアイテムの中にはイベント限定のSSR武器やSSRアクセサリーといった貴重なアイテムもあるので、なかなか侮れないです。

イベントで交換できるアイテム

ちなみに、同時進行で、いつも2、3個ほどのイベントが開催されています。

配信されているオンラインストーリーを終えてしまったひとは、このイベントをプレイするのがメインになります。

騎士団

騎士団はソシャゲ要素で、さらに

  • 試練の塔:ボスを倒しながら上の階層を目指していくイベント
  • 闘技場:他のプレイヤーと順位を競い合うイベント
  • ボス討伐:他のプレイヤーと協力してボスを倒すイベント
  • 王都争奪戦:サーバー内の同盟同士で争い、土地を取り合うイベント
  • クエスト事務局:クエストを完了していくことで、同盟コインなどのアイテムが手に入るイベント

といったモードに細分化されます。

騎士団

ここでは、代表的な「闘技場」と「王都争奪戦」を紹介します。

闘技場

闘技場は個人のランクマッチ戦です。

闘技場

編成したパーティで他プレイヤーと戦って、今いるサーバー内の個人順位を上げていくのが目的です。

自分の今のランクよりも少し上位のランクのプレイヤーと戦えて、勝つとランクアップします!

1日に5回までランクマッチに挑むことができて、その日のランク確定時点のランクに応じて、1日に1回アイテムが配られます。

王都争奪戦

個人のランクマッチ戦である「闘技場」に対して、「王都争奪戦」は同盟同士の戦いです。

フィールドに散らばっている城を奪い合って、最終的に保持している城の数で同盟の最終順位が決まります。

王都争奪戦

攻撃サイドの同盟と防衛サイドの同盟に分かれて、攻撃サイドが防衛サイドに配備されているパーティすべてを倒せば、その城は攻撃サイドのものになります。

闘技場も王都争奪戦もどちらもオートバトル(バトルに勝ったか負けたか自動で判定される)なので、他のプレイヤーと揉めるようなことはほぼないと思います。

戦略性の高いバトルシステム

エバーテイルのバトルは昔ながらのJRPGで採用されているターン制のコマンドバトルです。

ドラクエなんかでもお馴染みのシステムで、ターンが回ってきたキャラが行動できて、プレイヤーがそのキャラの行動を選ぶというものです。

バトル

ただし、エバーテイルの場合は決まった順番にターンが回ってくるわけじゃなくて、ターンが回ってくる順番にこのゲームならではのシステムが採用されています。

それが画面左下に表示されている「タイムユニット(TU)」です。

バトル中は各キャラのTUが同じスピードで減っていって、TUが0になったキャラから行動できるのですが、行動した後のTUは使用したスキルに依存します。

例えば、TUコストが100のスキルを使った場合、そのキャラのTUに100が加算されて、再びTUが0になったときに次の行動ができるようになります。

タイムユニット

強いスキルほどコストが高く設定されていて、次の行動順が遅くなる傾向があります。

タイムユニット以外にもうひとつこのゲームならではのシステムが採用されていて、それが画面右下に表示されている「チームスピリット」です。

これはパーティ共通のMPみたいなもの。

強いスキルはチームスピリットを消費しますが、弱いスキルの場合は逆に回復します。

どのキャラにターンが回ってきたときにチームスピリットを消費するかがバトル攻略の鍵になります。

バトルで使うパーティを編成する

パーティ編成では、

  • ストーリー用パーティ
  • 騎士団

の2種類のパーティを編成できます。

ストーリー用パーティはストーリーやイベントで使うパーティです。

ストーリー用パーティでは8人のキャラを選んでバトルに参加させることができます。

ストーリー用パーティ

一方、騎士団は闘技場や王都争奪戦で使うパーティで、5人のキャラを1つの部隊として、プレイヤーランクに応じた数のパーティを編成できます。

騎士団編成

1人のキャラに対して武器とアクセサリーを1つずつ装備できて、キャラのパラメータに武器とアクセサリーのパラメータを足した値ががそのキャラの強さになります。

武器の装備

また、武器にはスキルがあって、キャラごとに設定されている得意武器と一致している場合に効果を発揮します。

武器スキル

キャラと武器を育成する

ガチャやストーリーで入手した「キャラ」と「武器」は育成することで強くなります。

その育成手段が、

  • 覚醒
  • 上限解放
  • ブースト
  • レベル
  • 潜在能力
  • 熟練(キャラの育成のみ)

の6つです。

キャラ育成

中にはややこしいものもあるので、ここでは代表的なのだけ解説します。

レベル

1番わかりやすい育成手段が「レベル」。

ドラクエなんかで敵と戦ってもらえる経験値がある一定値貯まると上がるあのレベルですね。

エバーテイルの場合は「ゴールド」と「経験値コイン」を消費することでレベルを上げることができます。

レベルが上がることで、

  • 攻撃力
  • HP

の2つのパラメータが上がります。

ちなみに、「ブースト」や「潜在能力」も消費するアイテムが違うだけでレベルと同じようにパラメータを上げることができます。

ただ、レベルを上げる方がパラメータの上昇幅が大きいです。

上限解放

レベルを上げるのがキャラを強くする1番手っ取り早い方法ではありますが、キャラごとにレベル上限が設定されていて、あるレベルまで上げるとそれ以上あげられなくなります。

しかし、レベルが上限に到達してしまったキャラでもレベル上限を解放することもできます。

それが「上限解放」です。

上限解放

「解放の秘薬」を消費することで、1回の上限解放でレベル上限を20上げることができます。

しかも、同時にHPと攻撃力のパラメータも上がって、キャラによってはスキルが解放される場合も。

基本は最大6回まで上限解放できますが、上限解放の回数を繰り返すほど多くの「解放の秘薬」が必要になります。

なので、割と「解放の秘薬」は貴重なアイテムです。

ちなみに、レベル上限はレア度ごとに違って、SSRの場合はレベル80、SRはレベル60、Rはレベル50、Nはレベル30が上限です。

覚醒

ガチャを回していると、同じキャラが出てしまうことがありますが、そんなときにできる育成が「覚醒」です。

覚醒

同じキャラを素材にすることで、キャラを覚醒させることができます。

素材にしたキャラはいなくなってしまいますが、パラメータが上がるのに加えて、パッシブスキルを習得したり、アクティブスキルが強化されたりするので、強力な育成手段です。

最大で4回覚醒できますが、レア度が高いキャラを何枚も手に入れるのは難しく、難易度が高い育成手段になります。

基本プレイ無料

エバーテイルは基本プレイ無料で遊べます。

“基本プレイ無料”ということで、ゲーム内アイテムの課金要素もあります。

主な課金対象が「ソウルストーン」です。

ソウルストーンショップ

ソウルストーンの主な使い道は、

  • ガチャ
  • ゲーム内アイテムの購入

の2つ。

ガチャではバトルで使える「キャラ」と「武器」を引くことができて、SSRのキャラが出たら大当たりです!

ガチャ

ちなみに、「ソウルストーン」は課金以外でも入手可能です。

ログインボーナス

回せるガチャも”基本的に”同じなので、課金プレイヤーは無課金プレイヤーよりも多くガチャを回して、パーティーを早く強化できるといったイメージです。

“基本的に”と言ったのは、たまに期間限定で有償ソウルストーンでしか回せないガチャが登場するから。

有償ソウルストーン限定ガチャ

年の節目にしか登場しないすごいガチャで、こちらのガチャではSSRキャラが必ず1枚以上出ます。

エバーテイル

エバーテイル

ZigZaGame Inc.無料posted withアプリーチ

「エバーテイル」の良かった点

エバーテイルの良かった点

「エバーテイル」の良かった点が以下です。

ソシャゲとは思えないほどストーリーが作り込まれてる

普段、コンシューマーゲームばかりプレイしている僕は、ぶっちゃけソシャゲのストーリーなんて大したことないだろと思っていました。

というのも、ソシャゲはプレイヤー間で競わせてナンボで、ソロプレイのRPGなんてお金にならないですから。笑

でも、エバーテイルはコンシューマーゲームのRPGのストーリーに負けないくらいしっかりストーリーが作り込まれている珍しいゲームでした。

しかも、ストーリーを高頻度でどんどん追加してくれる点もソシャゲならでは。

家ではコンシューマーゲームのRPGをして、移動中はスマホで遊べるエバーテイルというRPG尽くしの毎日を送っています。笑

無課金でも十分楽しめる

課金アイテムの「ソウルストーン」ですが、

  • ログインボーナス
  • デイリーボーナス
  • ストーリー報酬
  • イベント報酬
  • 闘技場報酬

などなど課金以外にも手に入る機会が色々用意されています。

ログインボーナス

ストーリークリア前はソウルストーンが1日に1,000個くらい貯まったので、毎日10連ガチャを引けるほどでした。

中でも1番よくわからなかったのが、月に2回の頻度で配信される「ソウルの源泉」。

ソウルの源泉

ソウルストーンを入れると、なぜか1.2〜2倍にして返してくれるというものです。

最大3万個のソウルストーンを入れられるので、MAXで6万個にして返してくれます。笑

とまぁ、エバーテイルはこんな感じでソウルストーンを大盤振る舞いしてくれるので、無課金者に優しいゲームでした。

ちなみに、上でも紹介しましたが、1年の節目に有償のソウルストーンでのみ回せる特別なガチャが配信されることがあって、残念ながらこれに関しては課金しないと回せません。泣

有償ソウルストーン限定ガチャ

必要スペックが低くてサクサク動く

僕は今年アップルのサポートが切れるであろうiPhone XRを使っていますが、それでもサクサク動いてくれます。

スマホも熱くならず、電池の消費も少ないので、移動中あまり気にせずプレイでできる点も良きです。

とはいえ、そろそろ新しいスマホに変えねばな。。。

エバーテイル

エバーテイル

ZigZaGame Inc.無料posted withアプリーチ

「エバーテイル」の悪かった点

エバーテイルの悪かった点

「エバーテイル」をプレイしていて、残念に感じた点が以下です。

モンスターを捕まえる機会がほぼない

エバーテイルのアプリの説明文に、こんな一文があります。

アプリ説明

どっかのマサラタウンにいる少年がボールを持って走り回ってそうなゲーム内容。

いざゲームを始めてみると、草むらで遭遇したモンスターを捕まえるチュートリアルが始まります。

モンスター捕獲のチュートリアル

チュートリアルからもめちゃくちゃポケモンっぽいです。

通る必要のない草むらにあえて突っ込んで、モンスターを捕まえて、レベルを上げて、進化させて。

そして、ストーリーをある程度進めたところで、ふとあることに気がつきました。

「捕獲したモンスター、めちゃくちゃ弱くない?」

それもそのはず、捕獲できるモンスターはRランク以下。ガチャでSRランク以上のキャラをゲットしたらすぐに戦力外になってしまうわけです。

そりゃ、ガチャで引けるキャラよりも、捕まえられるモンスターの方が強かったら、誰もガチャ引かないですからね。

というわけで、モンスターを捕まえて育てるのを楽しめるのはストーリーの最初だけでした。

オフラインストーリークリア後はフィールドがなくなる

オフラインストーリーをクリアすると、オンラインストーリーが解放されますが、これまでのオフラインストーリーとがらっと印象が変わります。

その中でも大きな違いがフィールドがなくなる点。

オフラインストーリーは古き良きJRPGのようにフィールドを自由に移動できたんですが、オンラインストーリーからはこのフィールドがなくなってしまいます。

フィールド

オンラインストーリーではマス目を移動して、ゴールに辿り着くするまでが1章分です。

オンラインストーリー

その道中、イベントが発生するマスがあって、そこで会話イベントがあったりバトルが発生するといった感じ。

JRPGが好きな僕はフィールドがあるオフラインストーリーの方が好みなので、フィールドがなくなったのは少し残念でした。

とはいえ、マス目の方が移動中などの空き時間に手軽にプレイできるというメリットがあります。

このあたりはプレイスタイルによる好みもあるかもですが、オフラインストーリーもオンラインストーリーも、ストーリーやバトルが楽しめるという点では変わらないのでまぁ良しです。

オンラインストーリーからガッツリとプレイできなくなる

オンラインストーリーではフィールドがなくなるのに加えて、ストーリーを進めるのにマナを消費するようになります。

なので、オンラインストーリー以降はガッツリとプレイできなくなってしまいます。

ちなみに、マナは約3分に1のペースで回復するので、全回復(上限300)するまでに約900分(約15時間)ほどかかる計算です。

もしまとまった時間プレイしたいなら、 マナを回復するマナポーションを使うのがオススメです。

マナポーション

オンラインストーリー以降は少しやれることが少なくなってしまいますが、隙間時間にプレイする分には逆にちょうどいいですね。

SSRのキャラが出にくい

ガチャには「キャラ」と「武器」の2種類が入っていて、レア度ごとの出現確率は以下のとおりです。

レア度出現確率

SSRのキャラは100回ガチャを回して1回入手できる出現確率で、なかなか出にくくなっています。

無課金で2ヶ月ほどプレイした僕が入手できたのはまだ1枚だけ。

SSRキャラ

というわけで、課金組と無課金組ではやはりそれなりに戦力差が出るようになっています。

とはいえ、他のひととの戦力差が気になるのは闘技場と王都争奪戦くらいで、基本的には自分のペースで楽しめるのがこのゲームのいいところです。

エバーテイル

エバーテイル

ZigZaGame Inc.無料posted withアプリーチ

まとめ:「エバーテイル」をプレイした感想・評価

まとめ(エバーテイル)

以上、「エバーテイル」をプレイした僕の感想を紹介させてもらいました。

良かった点 悪かった点
  • 2作にわたる超長編ストーリー
  • 個性的なキャラがたくさん登場する
  • 移動が楽になった
  • キャラの動作がスムーズになった
  • アクション要素がまったくない
  • 共同推理が簡単すぎる
  • 文字送りのテンポが悪い

このゲームをプレイしてみて、以下のような人におすすめできる作品だと思いました。

こんな人におすすめ
  • 移動中遊べるRPGを探しているひと:ソシャゲとは思えない作り込まれたストーリーを楽しめます。新しいストーリーも順次配信中。
  • 無課金でも遊べるソシャゲを探しているひと:毎日10連ガチャが引けるくらいのソウルストーンを配ってくれる無課金者に優しいゲームです。

普段コンシューマーゲームばかりやってる僕が久しぶりにソシャゲをプレイしてみましたが、エバーテイルはコンシューマーゲームに負けないくらいストーリーがしっかり作り込まれいているのに驚かされました!

ソシャゲは移動中にできるという利点があるので、これからはソシャゲもやっていきたいな。

というわけで、エバーテイルに少しでも興味が湧いた方は、基本プレイ無料なので、ぜひプレイしてみてください!!!

ではではっ!!!

エバーテイル

エバーテイル

ZigZaGame Inc.無料posted withアプリーチ

RPGのおすすめ新作ランキング
【2024年2月最新版】RPGのおすすめゲームソフトランキング24選やり込んだゲームをレビューするブログです。この記事では、現行機でプレイできるRPGタイトルの中から、絶対プレイしてほしいマストプレイゲームをまとめました。...
ABOUT ME
どせいくん
ただの「MOTHER2」が好きなゲーマーです。 好きなことはやり込みプレイ、嫌いなものは取り返しがつかない要素。 詳細プロフィールはこちらから。